Sorry,This home page is Japanese only.

 


2004年全国ツーリング 火魔神さん撮影

 「せんえふ」は、「やっぱり、HONDA CBR1000Fは一番さっ!!」「何よりバイクが大好きさ!!」がテーマです。

 バイクが好きな方はもちろん、そうでない方も思う存分楽しんでいって、バイクが好きになってくれるとうれしいです。何度でも来てみて下さい。



訪問記念につぶやきを入れてクリックしてね。

つぶやき:

Lust update 2018.06.03   Since 1997.12.25



Cultural Heritage in Crisis:
 Damage from the 3.11 Tohoku-Pacific Ocean Earthquake, Japan

 

A Call for Your Cooperation to 
Save the Cultural Heritage of Japan!!
↑ Please click this banner!

 About 500 nationally designated cultural properties have been damaged by this earthquake along with numerous other important cultural properties.
 Your donation will also be spent on the "Rescue Project", and is highly appreciated.
 Please click the amount below for your donation.

 

 今回の東日本大震災で被害を受けた地域には、史跡や名勝、歴史的建造物群をはじめとする非常に沢山の貴重な文化財があります。
 しかし残念なことに、これら文化財の多くも、今回の地震と津波により被害を受けました。
 文化庁と文化財保護・芸術研究助成財団は、これらの文化財の保全を目的として、国内外からの寄付の受付を開始いたしました。

 文化財にご興味のある方は、ぜひ、こちらのサイトを訪れてみてください。

 日本語のサイト:http://www.bunkazai.or.jp/

 英語のサイト:http://www.bunkazai.or.jp/donate/donate_en.html
  左のバナーをクリックしてもジャンプします。
  また、英語のサイトの場合、PayPalによって、直接サイトから寄付することができます。


 '18.06.03

バイクの進化
  

 近年のバイクの進化は、とてつもないものがあります。

 特にABSや前後連動ブレーキといったブレーキ関連や、スムーズにシフトチェンジを行うためのアシスト機能などは、かなりの進化があるデバイスだと思います。

 もちろん、20年前のCBR1000Fにも前後連動ブレーキはありました。ただ、なんとなくなんですが、そういったデバイスに頼らずに、例えば前後のブレーキを上手く使い分けて姿勢制御とか加重コントロールをしていくことが、バイクを上手く扱っている証拠であって、機械に頼らなければならないのは、下手くそな証拠…なんていう意識を強く持っていました。

 同じように、シフトチェンジも、クラッチなんか使わなくてもシフトアップ・ダウンとも、アクセルで回転をあわせることでスムーズにできますし、concours14(1400GTR)のようなシャフトドライブであっても、変わらずやっていました。
 今のBMW R1200RSにも、クラッチ操作無しでギアチェンジできる『ギアシフト・アシスタント Pro』が標準装備されていますが、そんな機能に頼らなくても…と購入後1年近く、この機能を特に意識することなく、積極的に使うことはありませんでした。

 ところが、先日、峠道で積極的にこの機能を使ってみたところ、特にコーナーの侵入時、フロントブレーキの操作とアクセル操作を同時にするのではなく、アクセルは機械に任せ、ブレーキ操作だけに専念できることが、こんなにも安定=安心して、しかも短い距離で、思った制動力を引き出せるのかと「目から鱗」状態で、それが解ってからは、どう上手くこの機能を使いこなすか、ということを工夫することが、楽しくて仕方ありませんでした。
 言い換えると、ヘタはヘタなりに、経験に基づく(薄っぺらな)プライドを持っていたのですが、それよりも上手く、確実に目的のことができるなら、変なプライドを持つよりも、それをいかに使いこなすか、ということ、ちゃんと身につけていくべきだろう、とも考えさせられたのでした。

 最近は、若い頃に比べて飛ばさなくなったからと、技術習得より楽しむことを優先しがちではありましたが、そんなことはなく、安全にバイクに乗ることとそのものを楽しむためにも、もっともっとこれらの最新機能を使いこなすように、頑張って練習していきたいと思いました。

 バイクに乗るって、本当に奥が深いですね!


 


18.05.26 バイクでおでかけに、「ホームコース逆走ツーリング」を掲載しました。
18.05.01 バイクでおでかけに、「あだたら高原キャンプツーリング」を掲載しました。



やっぱり1000F!! '04.12.04 
  HONDA CBR1000Fの紹介
PIKA   With "F" ''18.03.03  
  HONDA CBR1000F Owner's Club
バイクでおでかけ!! '18.05.26 
  ツーリングレポートたち
 ばいくにのりたいっ!! '99.05.13 
   これからバイクに乗りたいと思っている人へ
Guestbook
 記念に何か書いていってね  
 お気に入りリンク!! '07.03.20
いい道・いい店・いいお宿!
  ツーリング版いいものおすすめ品
 別館入り口
   CBR1000F以外のコンテンツです
ひとりごと (これまでの「ひとりごと」)  自己紹介
   (このページを作ったのはこんなヤツです)

 



Link Free Culbこの「せんえふ」はリンクフリーですが、相互乗り入れをしたいと思いますので、できれば、メールMailにてホームページのURLをご連絡いただきたいと思います。


ピースサインを復活させよう!!

A.P.O.Y.H

yellowbike.jpNippon Rider Book

ホンダのことならホンダネット

MOTORCYCLE LINK!


 本 Home-Page の情報の全部または一部を作成者の許可なく複製頒布、出版、自分のHome-Pageへの転用等二次利用することはまったくかまいませんが、かならず出展の明示をしてください。あわせて製作者に連絡をしていただけると作成者が喜びますのでよろしくお願いします。なお、「魅惑の4連ランプ」及び「国内仕様と輸出仕様の違い」のページについては、必ず連絡いただくようお願いします。

 また、本Home-Pageの情報に基づいて遂行された活動において発生したいかなる人物の損傷、死亡、所有物の損失、損害に対してなされた全ての求償の責は負いかねます(当然のことですが) ので、あらかじめご了解の程お願い申し上げます。

 なお、二次利用のされ方が「誹謗中傷に該当する」「公的良俗に反する」と判断した場合に限り、製作者は二次利用者に対して「利用中止を請求できる権利」を有するものとします。


ご意見・ご感想をお待ちしています。

Mail Bird

takumin@js7.so-net.ne.jp